自己破産を検討する人で抱えている借金にあたって保証人となる人物が存在する場合は、きちんと相談しておいた方が良いです。もう一度、強調したいのですが、借金に保証人が存在する場合は破産申告の前段階で前もって考える必要があります。なぜならばもし破産して免責されると、その保証人があなたの債務をみな背負う義務があるからです。ですので、自己破産の前段階に、今までの今の状態を説明し、お詫びの一つもなくてはなりません。保証人となる人の立場に立つと求められることです。債務者のあなたが破産手続きを取ることにより、有無を言わせず膨大な債務がふりかかってくることになるのです。そうなると、それ以降の保証人の考慮する手段は以下の4つです。一つめは、保証人が「全額弁済する」ということです。あなたの保証人がすぐにでも多くの金額をラクに返すことができるほどのような資産を持っているならばそれができます。ただむしろ、自分で破産手続きせずに保証人自身に立て替えてもらって自身はあなたの保証人に返していくという選択肢もあると思います。保証人がもし債務者と良いパートナーであるのであれば少し返済期間を延ばしてもらうこともありえます。たとえ一括で完済不可能だとしても貸金業者も相談で分割払いに応じることもあります。保証人となっている人にも破産申告を行われると、すべて手に入らないことになりかねないからです。保証してくれる人が負債をあなたに代わりまかなう経済力がなければあなた自身とまた同じようにある中から借金の整理を選択が必要になります。続いてが「任意整理」を行う方法です。この方法の場合債権者側と落としどころをつける方法によってだいたい5年ほどの期日で弁済していく方法です。依頼する場合の相場は1社ごとに4万円ほど。全部で7社からの債務があればだいたい28万円必要になります。確かに貸した側との話し合いは自分ですることも不可能ではないかもしれませんが法的な知識のない人だと債権者側が自分たちに有利な案を押してくるので、気を付けなければなりません。それと、任意整理をする場合は保証人となる人に借金を代わりに払ってもらうことになるのですからあなたもたとえ少しずつでも保証人に返済をしていく義務があります。続いて3つめは保証人となる人も破産した人といっしょに「破産手続きをする」という方法です。その保証人もあなたといっしょに破産手続きをすれば保証人となる人の債務もチャラになります。しかしながら、保証人である人がマンション等を持っている場合は価値のある個人財産を没収されますし、司法書士等の職についているのであるならば影響を受けてしまいます。そのような場合は、次の個人再生を活用するといいでしょう。では4つめの手段は、「個人再生という制度を使う」ことができます。土地建物等を残したまま債務整理を希望する場合や破産では資格に影響する職業にたずさわっている場合にメリットのあるのが個人再生制度です。この方法の場合自宅は手元に残りますし、破産のような職業制限資格制限がかかりません。

Copyright © 2002 www.danielleduer.xyz All Rights Reserved.